2014年を振り返る

どうも。ふにゃ男です。

今年2014年も最後の日、大晦日となりそろそろNHK紅白が始まりますね。

去年同様、今年1年を振り返ってみたい。

今年も昨年同様、仕事上のでの大きな変化はない。

淡々と仕事に乗り切る日々。

大きな変化はいつも、プライベートの方。

昨年は、AKB48グループのヲタになった年であった。

今年でヲタ歴2年を迎えた。

来年は三年目になる。

この一年、AKB48グループのコンサートはたくさん行ったし、すごく楽しかった。

今年は、大島優子の卒業があって泣きましたね。

てか、一番あれだったのは、3月31日、国立の優子卒業セレモニーが中止になった件、あれはイラッと来ましたね。
と同時にやるせない気持ちになったのは、今でも覚えてる。

一番イラッときたのは、忘れもしないあの岩手での事件。
あんにんとりっちゃんが握手会で傷つけられた件。
これが5月ですね。

この一件は、本当にAKB48グループ全ファンが憤りを覚えたはずです。
結局誰でもよかったとか供述してるようですが、ふざけんな!って話です。
今年一番の最悪なニュースです。

その後、あんにんもりっちゃんも無事に快復していったことがなによりの幸いです。

あと、2月には、大組閣ですね。
これはこれで当時は、結構大変でした。
事前に全チームが解体されるとまで噂されていたので、すごく心配でした。
結果、本当に半数以上がシャッフル状態と言っても過言ではないのかなとは思いました。

あと大きなニュースといえば、755ですね。

これはかなり大きい。

9月に康が755を始めて、その後、メンバー全員及びそれ伴い、多くのファンが755をやり始めた。

当然、755のサーバは一気に負荷がかかる。

でも、思ったのは、メンバーの立場にたった時、すごく負担が大きいなって思いました。

それまで、ぐぐたすやツイッター、モバメがあって、そっちの方でも大変なのに、さらに755もやれとなると、メンバーも困惑したのではと思う。

ファンとしては嬉しいかもしれないけど、メンバーの事を考えると、ちょっと・・・な感じですね。

とりあえず、ふにゃ男としては、メンバーにあんまり無理はしないでほしいと切に願います。

一方で755をやってすごくよかったと思ったのは、やはりなんと言っても、多くのファンとも出会いです。

最初、田島芽瑠の応援グループのトーク部屋を作って、徐々にメンバーが増えていって、芽瑠の話や、AKB48グループの話をしたりなど、すごく会話が楽しかった。
しかも相手の住んでいるとこは、関東に限らず、全国バラバラ。

これは裏を返すと、AKB48グループのヲタを全国にヲタ友として増やせたということ。

これ以上に嬉しいことはありませんよね。

しかも、皆さん、一人で応援された方々ばかりのようで、こうして755で会話をすると、皆さんすごく盛り上がるんですよね。

むしろ異常っていうぐらいに。

そして、人生史上最も大規模なプロジェクトを始動しました。

それが「AKB48グループ専用コミュニティプロジェクト」

AKB48グループにおいて、より多くのファンと交流をもってもらおうということで、
AKB48グループ専用のコミュニティサイトの立ち上げを目指すプロジェクト。

私が本当にやりたい事は、職場ではありません。

私が本当にやりたい事は、自分の興味あるAKB48グループを通して世間に貢献をすること。

そのために、プロジェクトを始動させました。

仕事はあくまで仕事。給料をかせぐ手段でしかないと私は思ってます。

だからこそ、会社に貢献する気はあんまりないのが現実。

というか、そう気づいてしまった自分ねw

あ、それと、本来ならば、年賀状は博多の地で書くはずだったんだけど、後輩を育てないといけないので、後ろ倒しにしました。

先日、申し上げた通り、完全移籍に関しては現状来年度以降に移籍を予定してます。

後輩には、来年度以降、俺はいないものと思えって言ってますw

この移籍に関してはもろもろと事前調整が必要なことがありますが、なんとかしますww

次の年賀状こそは、博多の地で絶対書けるよう頑張ります。

今年2014年も、本当に皆さん、ありがとうござました。

来年もまた、宜しくお願い申し上げます。

以上、これを以って本年の最後の記事とする。

皆さん、良いお年を!

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。