いざ、次のステージへ・・・

大変お久しぶりです。
ふにゃ男です。

諸々と落ち着いたので、こうしてブログの更新をしております。

一点、報告事項として、先月いっぱいで職場を退職しました。

理由は、博多移籍に向けて専念をするため。

どうしても、仕事を続けながらの転職活動はなかなかに難しい。

それに、握手会やコンサートがいつも週末にあるから、休日も案外推し事で忙しい。

だから、本当に時間が全くない状態で、転職活動がマジで進まないのよ。

本来ならば、次を決めてからというのが一般的なのだが、こればっかりはもうどうしようもない。

なので、退職して移籍専念することにした。

現在、既に求人に応募をしている。

ここ最近、自分の事をよく考えこんでいる。。。

そもそも最初からうまくいくなんてことは思ってなかった。

だって、今までやったことのないことをやろうとしてるからだ。

年齢の差は考え方の差でもある。

その差というのは、時に段差や溝を生み出すもの。

きっと、私にもダメな部分があるのは分かってる。

しかし、それ以外のところでもダメな部分は多い気もする。

結果というのはそもそもなんなのだろう。

結果だけを求めるというのは、それは本当に普通なのだろうか。

例えば、とある物を調達してきたという結果に対し、その途中経緯を見た時に、もし窃盗だったら、皆さんはどう思うだろうか。

いい気持はしないはずだ。

そう考えると、結果だけというのはどこかおかしいような気もする。
ある意味、ケースバイケースかもしれない。

一番最初から、後戻りができなくなるという懸念は分かってた。

データのように、あとから消せるものではない。

一人ひとりの人生に刻まれてしまうものだから。

だからこそ、もっとってなるのも分かってる。

ただ、一個わかったことがある。

自分自身が思っている以上に、”頑固”であるということ、というよりは、周りがたとえどんな状況であろうとも、自分へ影響がほとんど及ばないということ。

これをわかりやすく一言でいうならば、超マイペースという表現とも言える。

このマイペースが原因で他への影響が色々と起きているのはうすうす感じてる。

原因の一端であることも分かってる。

人生における、人間にかせらせた使命は何か、それは自分を改善し成長させること。

これに尽きます。

私の場合、その修復までがすごく時間かかるんでしょうね、それ故に改善したという実感がなかなか無い。

そして、もう一個分かったことがある。

本当に自分のやりたいことが一体なんなのかがまだ不透明だったということ。

私の場合、極端で、興味のあることには深く突っ込むが、興味のないことには全く関与しようとしない。

ますます、自分がよく分からない状態になっているふにゃ男。

しかし、少なくとも一人以上の人間が期待を寄せているのも事実。

期待は裏切るものではない、期待は応えるもの。

自分自身を一番よく理解出来る方法は無いのだろうか。

博多への移籍を決意した理由、めるちゃんを地元で応援するためだけに行くのではない。

自分自身をより成長させるための第一歩でもあると思っている。

今のこの場所がファーストステージであるとすると、博多はセカンドステージの舞台となる。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。