内定式に行ってきました・・・ww

・・・というタイトルの日記を作った。

内定式に昨日、行ってきました。

内定式とは、読んで字のごとく、内定式です。

昼の13時から開かれ、内定者12名及び役員及び社員の方が出席される。

もちろん、社長も含む。

事前に会社から、自己紹介を一分間言ってもらうので用意してきてねと言われ、前夜になって頑張って用意しました。

原稿を。

文章考えるのはキライだけど、めちゃめちゃ頑張った。

内定式では、社長を始めとし各役員方が、あいさつを言い、その後、内定証書授与を行う。

卒業式のような卒業証書授与ではないが、それに近い、授与が行われた。

当然だけど、ふにゃ男も名前の順で11番目!?に呼ばれ、社長から直々に内定証書を授与されました。

その証書の内容は至ってシンプルであり、これが内定証書なのかと思った。

まぁいいかと思った。

さすがに内定証書の画像をうpできないのでご了頂きたい。

ってそもそも見たくないか。

でまぁ、内定証書の授与が終わって内定者が一人ずつ、自己紹介を一分間言う。

みなさん、あらかじめ内容を考えてきたのだろうとは思うが、やはり皆さん、本番になると、頭真っ白で思いついた言葉しか言えてないようです。

内定式が終わったあとで皆さん、そう呟いてます。

俺も当然ながら、社長含む役員の前で自己紹介をしました。

実際、半分、正気でしたが、半分は頭真っ白でした。

原稿の最初の部分だけ覚えていたのであとは適切な言葉を選びよろしく言うて席にに戻りました。

あれ、一分だったかな・・・。30秒ぐらいな気がする。

計測してないからわかんねぇ。

俺にとっての一番の山場だった。

その後、本社に戻り、今度は入社までの説明をされた。

一つは社会人としてのマナーを身につけろということで、毎月の決まった日までにレポートを提出せよという・・・・。

これを入社までの半年間行うというもの。

当然、期限は厳守!絶対に守りなさいと釘刺された。

そしてもう一つ、別の担当者から課題が出された。

LPICというリナックスOSについての資格があるんだけどね、これのレベル1を入社までに取得せよという任務。

なにそれ???

と思った瞬間だった。

内容的にはごく簡単な範囲になっており、しっかり勉強すればとれるもののようだ。

まさかの課題が二つ同時に来るとは夢にも思わなかった。

だが、必死こいてやるしかないと思った瞬間だった。

レポートのほうはともかく、資格とれるか心配であるとしか思えなかった。

ちなみに、内定者の中ですでにLinux環境があるという人間が俺だけだった。

なんという新事実なんだと。

というね、にぎやかな説明があったんです。

そのあとはもう飲み会です。

最初は役員の方を含めて乾杯!的な。

そこで新事実が発覚。

なんと俺は、入社の面接時に既に好印象を与えていたのだった。

というか、それ以前に人事の採用担当が一番最初19歳だけど、どうだろうと思ったらしく、その時点から入ってほしいと思ってたっぽい?

よく覚えてないけど。

一次面接の際にあれほどのコミュニケーション能力はすごいと思われた気配!?らしいです。

特に変わったようなことはしてないんだけど・・・。

と俺本人は思う。

この一次面接の際にすでに採用担当は絶対にほしいと思ったようです。

まじかよと。

で、その人事の人間が社長に会ってくれません?とお願いしたらしく、それで二次面接決定らしい。

実際に社長も面接後、イイネ!と思ったらしいですよ!?

そういう風に人事から言われた。

ちょっと、困らないけど困ったと思った。

この飲み会が終わり、そのあとは内定者(同期)だけで飲み会を実施!というのを既に手配済みらしく他の社員も人事もいない、同期だけで二次会に直行。

終わったのが、22時30分あたりかな。

家着いたのが零時回ってた。

二次会で話してたのは、いろいろだったんだけど、最後のほうで連絡取り合おうよとか言い始まり、スカイプでいこうとなった。

よって帰宅後、起動していたスカイプには同期からのコンタクトの追加申請が何件かあった。

何人かでグループチャット!?で話し合い。

別に何も話すことは特にないんだけどね。

そもそも、目的が、課題を達成するためにわからない内容は教えあおうというところから始まったんですよ。

えぇ。

すごいなぁと思ってしまったふにゃ男であった。

という、ふにゃ男のふにゃ男によるふにゃ男のための内定式の報告であった。

以上

あわせて読みたい

1件の返信

  1. ひとすぃ より:

    はじめまして。ひとすぃです。

    僕も今月の10日に内定式がありまして、内容に少し困っています。

    どういった内容をお話ししたのか簡単に教えていただけると幸いです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。